即興小説バトル反省(2014/3/29)


        なぜ『雑踏』と言うのか?

-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

 応用情報技術者試験が終わった。左手で解きました。
 しかし、タイプ速度は上がらず。
 左の小指がぎこちないので、ピアノで鍛えようかねぇ。

 僕はめっちゃ雑踏の中にいた。
 だが、即興小説をこのような形で始めるのはよくない。極めて無味乾燥で、平坦で、安易な小説になることが予想されるからだ。


 今回はO・ヘンリの「アラカルトの春」の冒頭っぽく。


 お題は雑踏についてなのだが、このまま雑踏なんかの話を読んでもつまらないと思う。
 雑踏の話は他の参加者さんに任せて、僕は、小学生がいかにインフィニティかについて語ろう。


 この展開は素晴らしいと思う。だが、後の変態度が足りない。


 大学で経済について勉強するはずが、ロックやサッカーについて勉強したような経験を持った人でも、この小説の肩透かしが鼻についてきてるだろう。
 みなさんのご想像の通り、この小説は終始この口調である。
 しかし、乙女という文字を崩してみると、26に見えることがある(乙女は26歳までと言いたいのではない)。
 物事は、違う角度から見たほうが面白いと思う。


 「読者のことをちゃんと見てますよ」アピール。
 内田樹の本に、語りかける相手を気に掛けるのが大事と書いてあったので。
 こういう文章を混ぜておけば、多少脱線しても許される気がする。


 今は3月の終わりだ。
 人々は、痛みを伴わない脱皮のようにコートを脱ぎ捨て、マフラーを解き、春の風を体に染み込ませようとしている。


 これは春樹気味の比喩。結構板についたかな?


 人間中心の社会形成に同意し、自然をおろそかにしてしまう。保護という名目で破壊し、保存という名目で放置する。


 これは森博嗣?


 この手の問題で記憶に新しいのは「尖閣諸島」と「釣魚島」だ。釣魚島の方が印象が悪いのがおわかりだろう。読者の方々には、尖閣諸島と呼ぶようにして頂きたい。


 中盤で思いついた文章。
 オチになりそうだと思ったので、ラストにもっていった。この判断はナイス。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)