スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識とは何か

 就職対策授業のテストを受けてきた。一次選考で課されることのある、一般常識やSPIの対策だそうだ。
 私は体調が悪かったので、いつも通りできた。

 しかし、この試験で問われているのは本当に一般常識なのだろうか?
 常識とは、Wikipediaによると「社会の構成員が有していて当たり前のものとしている価値観、知識、判断力」である。
 4文字熟語や古典文学などの知識は、使われる機会がないのに、有していて当たり前なのだろうか(その一方、私は人に使われる機会が多いが、常識がないと言われる)。

 古典文学の知識は必要なのか? 作品名と作者と冒頭の一文だけを覚えて、一体何の意味があるのか。
 我々は一応、作品名と作者と冒頭部を知っていれば、その作品を知っていると判断している。
 人間についても「ああ、人事課の山田さんね」と言えば、その人物を知っていることになる。
 だが、知っていることに意味があるのか、と言いたい(授業担当の先生には、平常点が下がるので言いたくない)。

 私はニュースを見ないため、オリンピック選手の名前を知らない。
 それを知ると、私の周りの人間は鬼の首を取ったように私を馬鹿にする。知っていることがそんなに重要か。
 そのくせ、アルゴリズム等のテストができなかった場合「難しかったからしょうがない」と言って弁解するのだ。

 私は、以上の疑問を解決するため「常識とは、常識があることを誇示するための知識である」という理論を打ち立てた。「知っていることに意味がある」と言われるものが常識なのだ。
 また、いざという時に備えて「常識を疑うのが常識」「細かくツッコまないのが常識」という常識も付け加えておいた。

 もっと書きたいことがあるが、ここらへんで打ち切ろう。さっきから親が「夜は寝るのが常識だ」と言っているのだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。