「読む力」・「書く力」が人生を左右する


読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)
(2008/02)
齋藤 孝

商品詳細を見る

-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

「読み上手・書き上手(課題)」のカテゴリでは、上記の本の課題をこなしていきます。

(以下、本文から抜粋)

われわれの能力は、書く力によってシビアに評価されます。
たとえば、就活のエントリーシート、小論文などです。

いいものを書くためには、ふだんから「読んでいる」という足腰作り、鍛錬が必要です。
その膨大な蓄積の上に、書くことがあります。
さらに、書くという作業の際にも、読み手を意識した書き方が必要です。
このように、「読み」と「書き」は連動しているわけです。

この本では、その両方をいっぺんに上達させるための授業をしているのだと思って読んで下さい。
「読み上手・書き上手」になる方法を身につけて、自己アピールのうまい人になって、競争の厳しい社会で生き残っていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ&自己啓発 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)