スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球におけるフェアプレーについて

 今年の高校野球では、花巻東が「サイン盗み」疑惑をかけられ、ネット上で議論になった。
 サドルや心を盗むことより扱いが難しく、議論は平行線だ。

 多く散見されたのは、「ルール(ランナーはサインを出してはいけない)だから守るべき」「俺の頃はサイン盗みOKだったぞ」「こういったルールが高校野球をつまらなくしている」という意見だ。
 その中でも一際目を引いたのは「サイン盗みを行う機会は平等にあるのだからフェアだ」という意見である(私の意見だ)。

 しかし、「フェア」というのは難しい。
 感覚的にはわかるが、「フェアとは何か」と聞かれると詰まってしまう。
 そういう点では「生きる意味とは何か」「なんのために仕事をしているのか」という問いに通じるものがある。
 哲学的な問いだ。

 ここでは、フェアプレーについて、私の倫理観を元に考えてみよう。
 もっと立派な人の倫理観に基づいてれば良かった。


 問題になるのは、何が「フェア」かだ。
 たとえば、テストにおいて、事前に問題を知っていた場合はフェアでない。
 これは、テストの目的である「学力を計る」ことを妨害する。

 サイン盗みに当てはめると、高校野球の目的を妨害するかどうかが争点になる。
 しかし、高校野球憲章には「フェアプレー精神の育成」と書かれているが、具体的には書かれていない。
 本屋ですら「万引きは犯罪です」と書いているのだから、野球憲章にも書いてほしいものだ。

 また、「盗む」という言葉が悪いとも考えられる。
 盗作や不正ダウンロードが社会問題化する中、「盗む」という言葉のイメージは悪くなる一方だ。
「サイン寄付」といえば多少イメージアップになるだろう。
 だが、度を越して「サインは地球を救う」とすると一気に悪化する。

 いずれにせよ解決には程遠い。
 いっその事、高校野球で行われるプレーを「フェアプレー」だと定義すれば、全ての問題は解決するだろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。