夏休みの課題

 ペナントレース終盤になると追われないチームが存在する一方、
 夏休み終盤になると学生は夏休みの宿題に追われる。

 学生の頃を思い出すと、夏休みの宿題で一番嫌だったのは『日記』だった。
 特に書くことがないのである。
(一番好きな宿題は読書感想文で、特に親に書いてもらうのが好きだった)
「日記は一番ラクでしょ」という人もいるが、そういう人はブログ依存症にかかっている。
 
 そもそも、日記をつけることが役立つとは思えない。
 日記といえば「海に行った」「映画を見た」程度だ。
 また、起床就寝時間・天気の欄にちなんで
 「夜の9時かなもう 20時間寝てた」
 「そちらは今も雨が降っていますか?」
 と書くぐらいだろう。
 そんなことを書いて、どのような力をつけようと言うのだろう。
 
 「今日は妹に『お兄様。お茶が入りました。どうぞ』と言わせた」
 「今日は妹に『ぞうさん』を歌わせた」
 という風にイベントがあれば好感度は上がるが、現実はそうもいかない。
 
 教員側としては「日記をつければ、日々の行動を反省できる人間になる」と考えているのだろう。
 確かに私は、日記をつけることによって「日記はつけない方が良かった」と反省した。
 また「日記のネタになるようなことをすべきだった」と反省した。
 言い換えると「外出しなければ日記が書けない」ということだ。
 (さらに言い換えると「中出しすれば日記が書ける」)

 つまり、日記を宿題にすると「日記を書くために夏休みを過ごす学生」を作り出すことになる。
 なんと回りくどいことか。
 それなら、遊ぶことを宿題にして「遊ぶために夏休みを過ごす」したほうがスッキリして良いと思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)