スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠らないように努力していると、しだいに眠くなってくる

哲学教授、土屋先生の哲学的(?)な笑えるエッセイ集。

■ 評価 81点

書いてあることはごく普通のことなのですが、書き方がすごい。
途中で話が脱線するのだけど、さも脱線してないかのように話し続けるのが面白い。


□ 面白かったところ

好きなものを後に残すようにすると、一口食べる度に前回口にしたよりおいしいものを食べる事になる。
嫌いなものを後に残すと、一口ごとにまずくなる

好きなものから食べると、目の前にある料理のうちもっともおいしいものを食べることになる。
嫌いなものから食べると、目の前にある料理のうちもっともまずいものを食べることになる(p20)

私が疑問に思うのは、ニュースが多かろうが少なかろうが、割り当てられるスペースが決まっていることである。
たまにはアナウンサーが「今日はニュースはありません。ごめんなさい」というのを聞いてみたいものだ(p27)

試験室には緊張がみなぎっている。とても麻雀をする気にはなれない(P30)

副作用の激しい薬の量を減らすため、薬を飲むたびに特定の匂いをかぐようにしたところ、
匂いをかぐだけで薬の効果が得られるようになり、副作用をまぬがれた(p44)

コンサートでは「途中退場料」をとることを検討している。
金を払ってでも私の演奏を聞きたいと思う人はいないだろうが、
金を払ってでも私の演奏から逃れようとする人は多いと思うのだ。(p96)

審査というものは、学習の段階にある者を実力のある者が評価するのが普通だが、
美人コンテストの場合、女から見向きもされないような男が審査している。(p143)

人間の言動は一貫しない。
良い景色をみると「絵のようだ」という。それならば絵を見ればいいと思うのだが、
絵を見て気に入ると「実物のようだ」といって称賛する。(p219)


ツチヤの軽はずみ (文春文庫)ツチヤの軽はずみ (文春文庫)
(2001/10)
土屋 賢二

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。