スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己分析は必要か

就活は自己分析から始まると言われている(言わされているのかもしれない)。
自己分析をするのは「自分のどのような資質や能力が人から認められているか」を知るためである。
また、「自分はどんな人間か」「何をしたいか」を知るためだと言う人もいる。

だが、本当に自己分析は必要なのだろうか。
「自己分析をすればするほどわからなくなった」という人もいる。
「箱の中にいる猫が生きているか死んでいるかわからなくなった」という学者もいる。
これらからわかるのは「学者にならないほうがよい」ということだけだ。
自己分析は、やればやるほどディスクシステムである。

私もかつて、自己分析をしたことがあった。
だが、自分の長所を探しても「冷静」しか見つからず、パニックに陥った。
探せば探すほどわからなくなり、収穫は0だった。
探し物が得意という長所がなくなったから、マイナスといっても良い。

自分がどんな人間かがわからないのなら、何をしたいのかを考えるしかない。
「何をしたいか」とは「どう役に立ちたいか」と同義である。
だが「人に迷惑をかけないために引きこもる」
「他人の発言の機会を奪わないために黙る」
「RTやfavを多用する」
といったことは評価されない。
以上のことから、役立ち方はマニュアル化されていることがわかる。

経営コンサルタントの佐藤芳直さんは
「”役立つ生き方”を教えずに
 ”役立ち方”を均一化すると
 おかしな方向に進む」
と言っている(正しくは「書いている」かもしれない)。

役立つ生き方とは何か。
よくわからないが、こんな文章を書いても誰の役にも立たないことはわかる。
私の長所は、自分の欠点がわかることだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。