スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒運転免許


「検問です」
 サークル仲間との飲み会の帰り道、警察に呼び止められ、ブレーキを踏んだ。
「飲酒運転の検問です」
 俺と同い年くらいの警官に促される前に、財布から免許を取り出して見せた。
 途端に、警官に笑顔が戻った。
「あ、免除ですか。どうぞ」
 再びアクセルを踏む。俺がさっき見せたのは飲酒運転免許だ。
 この免許を持ってれば、飲酒運転をしても罪にならないのだ。

 飲酒運転が罪になるのは「飲酒中は判断能力が低下する」からだ。
 しかし「運転手の判断能力を他人が判断できるわけがない」という訴えが様々な場所で起こり、社会問題となっていた。
 そこで、この飲酒免許ができたってわけだ。
 これを持っていれば、判断能力アリとみなされ罪には問われないのだ。
 
 実際、多少の飲酒では交通事故を起こすことはない。
 要は運転テクニックの問題なのだ。
 飲酒運転が問題になったのは、下手な奴が飲酒したときにたまたま事故を起こしただけだと思う。

 この免許をとってよかった。
 取得に30万かかったが、おかげで帰りの心配をする必要がなくなった。
 もし取っていなかったら、タクシー代が余計にかさんだに違いない。

 家に着く。今日も事故はなかった。
 まぁ、当然だな。
 俺はいつものようにテレビを付けた。

「ニュースです。今日未明、飲酒運転の車が歩行者2人をはねました。
 運転手は、飲酒運転免許を持っていなかった、とのことです」

 まったく、馬鹿なやつだ。
 免許をとっておけば少しは罪が軽くなったのに。

「なお、裁判所の発表によると、運転手は当時意識が朦朧としており、責任能力がないため罪には問えない、とのことです」

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

はじめまして。

たまたまスレッドテーマでお見かけしまして、気になったのでお邪魔させて頂きました。
「飲酒運転免許」とは、とても面白い切り口だったので感心してしまいました(笑)
最後のニュースの部分も、なんだか皮肉で思わず笑いがこぼれてしまいました。

楽しい時間をありがとうございました。

No title

コメントありがとうございます。
この話は「こういう免許あったらいいな~。でも世間は納得しないだろうな~」と考えてたらできました。
最後のオチは、自分でもうまくいったと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。