スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分はダメだって思えたら最強

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡--

今日はNHKようこそ先輩(再放送)で、岩崎夏海さんの「『もしドラ』流 読書術!?」を見ました。
「もしドラ」は、「難しい本をいかにして読むか」を伝えたくて書かれたそうです。


↓↓↓授業で使われた難しい本はこちら↓↓↓
この中の短編小説『かえるくん、東京を救う』です


神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
(2002/02)
村上 春樹

商品詳細を見る


岩崎さんがポイントとしてあげたのは

「自分を捨てて、本と向きあう」


まず生徒に、自分の感想ではなく、紹介文を書いてもらいます。
この時、具体的な聞き手を想像しながら書くと良いそうです。

(例)
「これは、かえるが、大地震を起こすミミズと闘う物語です。
 東京の地下には巨大なミミズがいて、将来地震を起こす可能性があります。
 そこでかえるは、サラリーマンの片桐に協力を依頼します」
……思い出せない。

次のポイントは

問いをみつける


歩きながら考えると良いそうです。
たしかに、疑問ってふとした瞬間に降りてきますね。

生徒たちは
「なぜかえるは片桐にしか見えないのか」
「かえるはなぜ平べったくなれるのか」
など、良い疑問を次々だしました。

私の疑問は「なぜかえるとミミズなのか」
もし、セミとアリだったら……
もし、かえるとミミズの立場が逆だったら……


この二つのポイントを守れば、読書がより効果を発揮するでしょう。
齋藤先生は「沿いつつずらす」と表現していましたね。

次週(再放送)の先生は津田大介さんです。
来週も楽しみ・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。