朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり

恥ずかしくない廻しを開発すれば、海外で販売できそう。



今日の天才のヒント。

今日(27日)はユーリ・ガガーリンの命日です。

「地球は青かった」という言葉の向こうには、
語りきれないほどのたくさんの思いがあったのだろう。

「若さ」というのは、言葉に出来ない心の震えを感じる力があるかだと考えています。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

昨日読んだ「バカの壁」にも書いてあった通り、
同じ習慣に拘り続けると、価値観が固定化されて「バカの壁」を作ってしまう。
新しいことに積極的に挑戦すれば、様々な価値観を受け入れられる。
それが「若さ」。
バカの壁の大きさと若さは関連性がある。

「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」
これは「新しい価値観に触れれば、人間は生まれ変われる」という意味だと思う。
「生まれ変わる力」が「若さ」の象徴なのだろう。

一日一つでもいいから、昨日より良くすることが大切だ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)