スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かならずイメージしてからスタートする

今日の天才のヒントは「人を動かすには?」

発行者の倉橋さんは、社員教育をする際に
「全体のイメージを掴んでもらう」ことに重点を置いているそうです。
イメージして欲しいのは次の2つです。

 「現場やお客さんの気持ち」
  ・誰を対象にしているのか
  ・お客様にとってどんなメリットがあるのか
  ・なぜ弊社がそれを提供しているのか

 「仕事全体の流れ」

なぜなら、相手が人であるならば、「自分が何に貢献しているのか」イメージできない
作業は苦役になってしまいます。



これを読んで、就職活動をする気になるにはどうすべきか考えました。
私はいま、就職活動をしています(『バナナをおやつに含む』程度の概算をした場合)
求人を見たり、自己分析をしたりしています。

しかし、実際は何もしていません(バナナはおやつに含まれなかったようだ)
出来ない理由として、イメージができていないことが挙げられます。(人間、やろうと思えば何でもできる)

振り返ってみると、アルバイトの時もイメージができてませんでした。
その場その場の仕事に追われて、全体のイメージが欠けていました。
しかし、最初に「この仕事は何のためにやっているのか」イメージできていれば、全体を見る癖が自然についたと思います。

就職活動で必要なイメージを考えてみます。

  ・誰を対象にしているのか
    企業

  ・お客様にとってどんなメリットがあるのか
    利益

  ・なぜ弊社がそれを提供しているのか
    私が今持っている能力は、他の求職者より優れている
    私の能力の内、最も優れた部分を活かせるのが御社だから


つまり「誰にも負けない自分だけの得意分野を活かせる職」を探すのが重要です。

得意分野は自己分析で発見できます。
「誰にも負けない」ことを知るには、就活仲間を作ったり、OB訪問したりすると良いと思います。
比較対象の実力がどの程度なのか、調べる必要があるからです。

そして、この能力をどのように活かすのかをイメージします。
イメージできないなら、代替行為をします(アルバイト等)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。