スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これだけの境界条件から、科学的に再現可能な他の解答が考えられますか?

■「理科系作家」と称される森博嗣のデビュー作

 この本は僕にとって、とても衝撃的だった。他のどんな作品とも明らかに違う、全く新しい小説だった。
 
 まず、登場人物が理系であるため、会話や思考が独特だ。
 科学の話題がごく自然に語られ、人生観や哲学もふんだんに盛り込まれている。
 1文1文に無駄がなく、すべての文章が面白い。

 本書はミステリィであるが、推理方法も独特である。
 「犯人の目的は常人には理解できない」と考え、「事実だけをもとに推理」する。
 そして、誰もが考えもしなかった結論を導く。
 
 「これだけの境界条件から、科学的に再現が可能な他の解答が得られますか?」 


□じゃあ、コンピュータウイルスは生物だね

 生物の定義は何か。

 「いつか死ぬもの」は定義にならない。死ぬという定義の前に、生きていることを定義しなければ。

 「自己繁殖すること」とすると、コンピュータウイルスも生物に含まれる。

 「有機物で出来ている」は定義にならない。
 「生物を作るものを有機物」と定義しているからだ。

 「自己防衛能力、自己繁殖能力、エネルギィ変換を行う」とするとどうだろう?
 すると、起き上がりこぼしも生物になる。
 これは有機物(木)で出来ている。自己防衛能力(倒されても起き上がる)もある。その際、ポテンシャルエネルギィを運動エネルギィに換えている。
 また、人間が欲しがるため、どんどん生産される。結果的に自己繁殖している。
 他の生物の力がないと自己繁殖でない生物はいくらでもいる。

すベてがFになる (講談社文庫)すベてがFになる (講談社文庫)
(1998/12/11)
森 博嗣

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。