情報は、報道の「報」の上に「情け」を乗せている

日本一心を揺るがす新聞の社説
水谷もりひと 著
ごま書房



★この本は「みやざき中央新聞」の社説を抜粋した本です。
 みやざき中央新聞は、宮崎の話題にとどまらず、各種の講演会を記事にしています。

 普通の新聞は、読み終わると「世の中は大変そうだな」と思いますが
 みやざき中央新聞は「よし! 今週もしっかり生きよう」と思えてきます。
 「心のビタミン」というキャッチコピーが、正にぴったりです。


★一番面白いと思った記事は(どれにしようか迷いました。どれも素晴らしいんです)
 p76の「背筋を伸ばそう! ビシッといこう!」です。

 これは「魔法の日めくりカレンダー」の話で、
 「小学生になるまでに身に付けるべき基本」が書かれています。

 「朝、歯を磨こう! 顔を洗おう!」
 「一緒にお部屋を片付けようね」
 「目を見てあいさつしてるかな?」
 「お話は最後まで聞きましょう」
 「靴をそろえようね」
 「落ちているゴミを拾いましょう」
 「旬のものを食べよう」
 「背筋を伸ばそう! ビシッといこう!」

 小学生向けなのですが、大人でもできてないことばかりです。
 私は歯を磨くことすら出来てません(え


★特に素晴らしいのが「なぜ大切か」
 易学の専門家の方が書いたそうですが、胸にジーンときます。

 靴を揃える:
  けじめをつけ、物事にはルールがあることを認識する動作です。
  靴を揃えることでけじめがつき、ルールを守ろうという意識が向けられます

 落ちているゴミを拾いましょう!:
  誰も見ていなくても、勇気をもって恥ずかしがらずに、自分の意志を貫いて行動に移す。
  これが習慣化されると、自尊心が芽生え、自分に自信が持て、何でもやってみようと挑戦できるようになります。


☆ 靴を揃える・部屋を片付けるのは時間がかかります。
  そんなことするなら遊びの時間を作りたい……
  でも、片付けをいい加減にしてると、他のこともいい加減になってしまいます。
  一つでも手を抜くと、次第に、無意識に手を抜くようになってしまうのです。

  ごみ拾いで自尊心が芽生える、というのは良くわかります。
  ごみ拾いは正しい行為だと思っていても「みんなが見てるから」やらない。
  すると、次第に「自分の考えは間違いなんじゃないか」と思い、自信が無くなる。
  でも、ごみを拾えば自分の考えが正しいことを実感できます。


日本一心を揺るがす新聞の社説―それは朝日でも毎日でも読売でもなかった日本一心を揺るがす新聞の社説―それは朝日でも毎日でも読売でもなかった
(2010/10/29)
水谷 もりひと

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)