物書き専用奈落

読みたい方は下をクリックしてください。
物書き専用奈落
-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

「お題:早い奈落 必須要素:アクション」
舞台劇について書くと絶対被るなと思ったけど、一人しかやってなかった。
奈落を舞台装置だと思ってる人が少なかったのか?
ま、自分も名探偵コナンのニューヨーク回のおかげでたまたま知ったのですが。

即興小説のお題で「○○な☆☆」がでたら、○○と☆☆を分けると良い。
そして、どっちかについて書き始める。
もう片方は後で使う。

今回の「早い奈落」は、「早い」から考えました。
まず、料理終わるより「早く」電話がかかってくるシーンを書きました。
そして、電話で「奈落」に招待される話に持って行きました。

今回はあまりストーリーを考えずに作ったので、文字数が1885字に増えてます。
後半の、実体験(松阪城への観光)を混ぜたあたりから筆が乗りました。
(前半の会話文は苦労しましたが……)
-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

今回はねじまき鳥クロニクル風にスタート。
料理中に知らない女から電話がかかってきます。

順路を登り、彼女の指定した「物書櫓跡」にたどり着くと、ひんやりした空気が頬を打った。
月が、青黒い空にぽっかりと大きな穴を空けていた。


他動詞を使った表現。
他動詞は小説に躍動感をもたらします。
自動詞だと「肌寒さを感じた」「月が浮かんでいた」で、物足りない。


『早く出られる』と思って書くのと、『1時になるまで出られない』と思って書くのとでは全く違います。


一応、「おおっ」と思わせるセリフが来たので、小説にはなってると思う。
その後の「確かに、それは僕の小説観にはなかったものだ」は余計だったかな。
最後は力強いセリフで〆たほうが良い。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)