愚痴は責任転嫁、ぼやきは理想を求めるもの

野村ボヤキ語録 -人を変える言葉、人を動かす言葉
著:野村克也

■ 評価 87点
 
 指導者が部下にどのような言葉をかけるべきか書かれた本。
 終わっていた選手を復活させた「野村再生工場」のエピソードを通して解説されている。

 指導的立場にある人間の発する言葉は、成長の段階にある人間に大きな影響を与える

 適切な言葉をかけるには、選手をよく観察すること。
 長所、性格、感情などをよく観ることが重要だ。


□ 面白かったところ

 いまはモノが溢れ、食うに困ることがほとんどない。
 「そこそこ安定した生活が出来れば満足」と考える若者が増えている。

 そうした若者のやる気を出すには
 「自分はなんのために仕事をしているのか」を明確にさせることが重要だ。

 そのためには
 「どんな選手になりたいのか」を聞き、
 「そうなるためにはどうすれば良いのか」を続けて聞くと良い。(p68)


 「不器用に徹してみたらどうだ。
 不器用な人間は苦労するけれど
 徹してやれば最後は器用な人間に勝てるぞ」(p76)


 一番いい褒め方は、
 「相手が自分に対して下している評価より、ちょっと上の評価をする」こと。
 
 とすれば、指導者は日ごろからその人物をじっくり観察しなければならない。(p146)



野村ボヤキ語録  人を変える言葉、人を動かす言葉 (角川oneテーマ21)野村ボヤキ語録 人を変える言葉、人を動かす言葉 (角川oneテーマ21)
(2011/01/08)
野村 克也

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)