回転木馬のデッド・ヒート 感想


回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)
回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)

あらすじ

他人から聞いた話を小説にした短編集。
表題の「回転木馬のデッド・ヒート」は、前書きとして登場する。

他人の話を聞けば聞くほど、そしてその話をとおして人々の生をかいま見れば見るほど、我々はある種の無力感に捉えられていくことになる。我々はどこにも行けないというのがこの無力感の本質だ。

我々は我々自身をはめこむことのできる我々の人生という運行システムを所有しているが、そのシステムは同時にまた我々自身をも規定している。

それはメリー・ゴーラウンドによく似ている。それは定まった場所を定まった速度で巡回しているだけのことなのだ。どこにも行かないし、降りることも乗りかえることもできない。誰をも抜かないし、誰にも抜かれない。

しかしそれでも我々はそんな回転木馬の上で仮想の敵に向けて熾烈なデッド・ヒートをくりひろげているように見える



我々は自分で人生を決めたはずが、あるとき、別の人生を選べなくなっていることに気づく。
いつのまにか、人生に自分自身が操られている。
そして、目的地を見失ったまま、どこかへ向かって必死に走り続けている。

それは性格にもいえることだ。
我々は、別の性格を選ぶことはできないと考えている。
しかし、性格とは『自分で選んだ個々の行動の総称』である。

物事に真剣に取り組めば「真面目な性格」になるし、
他人の世話をたくさんすれば「面倒見の良い性格」になる。
それなのに我々は『性格に自分自身が操られている』ように感じる。

そして、人生のある地点を境にして、人は何かに操られるかのように悪い方へと向かっていく。


表現技巧

全作に共通するのは 「うまくいっていたことが、突然うまくいかなくなる」 ということだ。
 「うまくいっていたことが、突然うまくいかなくなる」ことが、どのように書かれているのか説明する。

母にわかることは、そのレーダーホーゼンをはいた男をじっと見ているうちに父親に対する耐え難いほどの嫌悪感が体の芯から泡のように湧きおこってきたということだけなの。


正直に言って、実際にこんな風にはっきりと感じたのは僕にとってははじめてなんだよ。つまり、自分の中に名状しがたい把握不能の何かがひそんでいることを感じたのはさ。


彼女はそういう感情的な訓練を一度も受けたことがなかった


理由なく始まったものは理由なく終わる。逆もまた真なり。


どうしてそんなことを言ってしまったのか、自分でも理解できなかった。でもその言葉がごく自然に口をついて出てしまったのだ。


僕にはもう彼女の生活を覗かないでいることができなくなっていた。


ただ僕はある日突然、無性にナイフというものが欲しくなったんです。


「なぜそうしたのかわからない」「○○しかできなかった」など、何かの力に操られたことが伺える。


感想

これは成長するなるための小説だと思う。
成長するには、うまくいかなかったことを分析し、対策を立てなくてはならない。
しかし世の中には、どうあっても分析できない上に、直視を迫る問題がある。

そういった問題に立ち向かう際に必要なのが、この物語のように、誰かに語ることだ。
分析できない事柄を「何かが原因で分析できない」と語ることで、はじめて問題を直視し、受け入れることができる。
スポンサーサイト

自分流の観光

 観光はとても面白いが、困ることだってある。

 それは、帰って家族に「その城はだれが作ったのか」「いつの時代にできたのか」と聞かれたときに答えられないことだ。
 不思議なことに、全然覚えていない。展示に一通り目を走らせても、頭が追いつかないのである。

 しかし、そんなことが何度かあってから、僕は腹を括った。
「どうせ覚えらないんなら、最初から見ない」ことにしたのだ。
 そんなわけで、僕は岡山城と後楽園の歴史を全く知らない。知りたければwikipediaでも見ればいいんだ。
 
 代わりに何を覚えたのかというと、建物の造りだ。
 僕は小説を書くのが好きで、特にモノの様子を文章で表現するのに興味がある。
 その過程は、まさに発見の連続だ。自分の感覚に合う言葉を見つける度に、感覚が実感に変わっていく。

 また、美しい説明文を覚えるのも好きだ。
 強い野球チームに名捕手が必ずいるように、美しいモノには必ず名文がある。
 ソシュールは「言葉があるからモノが存在できる」と言った。美しい言葉は、心に美しい風景を作る。

 観光地に行くと、様々な情報がおせっかいなおばちゃんみたいに蔓延っている。
 大事なのは、そんな情報に対して「結構です、お構いなく」と言う勇気だと思う。 
 本当に必要なものは、自分の中にあるのだから。

電波女と青春男(アニメ感想)

藤和エリオ

あらすじ

主人公の丹羽真は、親戚の家に預けられる。家に入ると、全身布団をかぶった自称宇宙人の娘『藤和エリオ』がいた。
彼女は人付き合いを避け、宇宙人を名乗り続ける。

彼女はなぜ宇宙人を名乗るのか。それがテーマである(多分)


宇宙人とは?

エリオは、宇宙人であることを証明するために自転車で川に向かって飛んだことがある。
もちろんそのまま落下したが、彼女は「飛び方が悪かった」と言って、失敗を認めようとはしない。

藤和エリオは自分に自信がない。だから、仮の自分を作るために、宇宙人であろうとする。
真はそれが気に入らない。宇宙人を後ろ向きに信じていることが我慢ならない。

宇宙人は神秘だ。
神秘とは希望であるべきだ

真は、エリオを納得させるため、自転車で一緒に飛ぶ。もちろん失敗。
でも、それによりエリオは宇宙人をやめ、人間として生活を始める。


奇跡を信じる

物語の後半に、自称超能力者の、星宮社が登場する。
彼女もエリオと同じく、自称だ。ただ、彼女の言葉には妙な説得力がある。

「人間は、あるわけがないと、盲目的に超常現象を否定する。信じなければ始まらない」


「人は誰もが目前の超能力に目覚めようと歩み寄っている。伸ばした指先より数センチ先。日常の延長線上にある。
それを捉えることが、超能力に芽生える兆しになる」


超能力を使える人間はいない。
だがそれは、信じていないからではないだろうか?

真は、友達の流子さんのバスケット試合の応援に行く。
ただ、流子さんはあまり上手くない。真は流子さんに、かつてサッカーが下手で諦めた自分を重ねて、傍観する。

そんな真に、社は活を入れる。

「いまだ、超能力を使え! 自分の意思で動いて、他人も動かす。もっとも初歩の、人間に許された超能力だろ!!



真は流子さんを応援し、流子さんはシュートを決めた。
努力を信じさせるのは、悪いことじゃないのだ。

応援とは、他人の奇跡を100%信じることだ。
それって、すごく神秘的だと思う。
自分以外の、得体の知れない力が、奇跡を起こしてくれるのだから。