打算的な背中

打算的な背中
-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

「お題:打算的な川 必須要素:2000字以上3000字以内」

前回と同じ「○○な☆☆」パタ-ン。今回も分離。
必須要素は、文字数で狙うのと、そのまま使うのがある。
個人的にはそのまま使いたい。
必須要素がちゃんとないと、次に書くことが思い浮かばない。

打算的というと、「男に貢がせてる悪女」しか思い浮かばない。
辞書によると、別に女じゃなくても良いらしいね。知らんかった。
-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

ミキちゃんは一応実在します。
高校1年のとき、僕の左前の席にいました。
特に打算的ではないですけどね。
モデルいた方がイメージしやすいって斉藤栄さんが言ってたので。

彼女はセーラー服の裏にある秘密を隠していた。それは川だった。
なだらかに隆起した肩甲骨から、ふっくらとしたお尻に向って、奇妙なS字を描いている。
そして、ブラジャーの金具がある辺りはまるで闇の入り口のような奥行きを持っていた。


大塚英志さんの言う「」です。
徴とは「体の一部に何かが付いてる OR 置き換わってる」みたいな状態。
この徴の問題を解決すれば勝手に小説になります。
徴は、読者に「自分らしさ」の問題を突きつけるのです。
……でもこのシーン、一体誰視点のモノローグなの?

あ、あと「なだらか」とか「ふっくら」でセクシュアルにしてるのも技術です。

で、こっからは「国境の南、太陽の西」が入ってくる。
具体的に言うと「吸引力」と「一人っ子」。

天の川が出てるのは、「素晴らしき日々~不連続存在~」を出したかったから。
「夏の大三角が天の川を飲み込む」とか
「感性的なものの範囲を超えることのない想像力は、
線と三角形との比例関係に立たず、また量的に区別されるから、
線は三角形足りうることを把握できない(ニコラウス・クザーヌス)」とか。

今回のミッションは引用。
読書メーターの「渾身の一行コミュ」から持ってこようとしたのですが、思いつかなかったです。
次回に持越し。

「私は打算的だから、2000字以上3000字以内も話す気にはなれないわ」


得意技です(キリッ)
無理やりオチをつけるのは15分即興で鍛えたからね。
(で、落ちてるのか?)

この後の展開。
背中の川を主人公が観察し、感じたことをいう。
ミキはそれを聞いて、自分に当てはめて考える。
背中の川が消える。

「地獄先生ぬ~べ~」かよ。
主人公の頼りっきり問題の解決もしないと。
スポンサーサイト

物書き専用奈落

読みたい方は下をクリックしてください。
物書き専用奈落
-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

「お題:早い奈落 必須要素:アクション」
舞台劇について書くと絶対被るなと思ったけど、一人しかやってなかった。
奈落を舞台装置だと思ってる人が少なかったのか?
ま、自分も名探偵コナンのニューヨーク回のおかげでたまたま知ったのですが。

即興小説のお題で「○○な☆☆」がでたら、○○と☆☆を分けると良い。
そして、どっちかについて書き始める。
もう片方は後で使う。

今回の「早い奈落」は、「早い」から考えました。
まず、料理終わるより「早く」電話がかかってくるシーンを書きました。
そして、電話で「奈落」に招待される話に持って行きました。

今回はあまりストーリーを考えずに作ったので、文字数が1885字に増えてます。
後半の、実体験(松阪城への観光)を混ぜたあたりから筆が乗りました。
(前半の会話文は苦労しましたが……)
-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

今回はねじまき鳥クロニクル風にスタート。
料理中に知らない女から電話がかかってきます。

順路を登り、彼女の指定した「物書櫓跡」にたどり着くと、ひんやりした空気が頬を打った。
月が、青黒い空にぽっかりと大きな穴を空けていた。


他動詞を使った表現。
他動詞は小説に躍動感をもたらします。
自動詞だと「肌寒さを感じた」「月が浮かんでいた」で、物足りない。


『早く出られる』と思って書くのと、『1時になるまで出られない』と思って書くのとでは全く違います。


一応、「おおっ」と思わせるセリフが来たので、小説にはなってると思う。
その後の「確かに、それは僕の小説観にはなかったものだ」は余計だったかな。
最後は力強いセリフで〆たほうが良い。

読書メーターまとめ(2015/4)

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:664ページ
ナイス数:37ナイス

就職&一人暮らし1年目。
なれない環境ですが、地道に読んでいきましょう。

松阪市はいい場所です。
図書館は自習室が60席くらいあって広く、読書や資格の勉強に最適です。
鈴の音公園、ベルファームなどの自然豊かな場所が多いです。
松阪牛は、牛小間切れくらいなら100g400円で手に入ります。ロースやヒレを求めてはいけませんよ。


回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)感想
我々は回転木馬(無意識で作り上げた思考システム)の上で、仮想の敵(漠然とした不安?)に向けて熾烈なデッド・ヒートを繰り広げている。どうしようもない話をきき、著者はなんとか小説という容れ物に載せる。「タクシーに乗った男」が心に残った。『タクシーに乗った男』が描かれた絵が自分自身に見えてしまう。お互い凡庸の中に閉じ込められているのだ。この話の凄さは「あなたがこれまでに巡りあった中で一番衝撃的だったのはどんな絵ですか?」というありふれた質問から始まること。平凡な質問とあるが、「変化について聞く」のは質問の王道。
読了日:4月28日 著者:村上春樹
夜のくもざる―村上朝日堂短篇小説 (新潮文庫)夜のくもざる―村上朝日堂短篇小説 (新潮文庫)感想
謎とユーモアで満ちた短篇集。なんと一作あたり約800文字。読者を楽しませるだけではなく、時には心の重荷を溶かし、時には生きることの深さについて考えさせる。一番好きなのは一作目の「ホルン」。ホルン吹きはなぜホルン吹きになったのか。彼らは深い森の中で出会い、ホルンは彼にきわめてホルン的な身の上話をする。5721-1252に繋がらず、お隣みたいなものだから5721-1251にかける話も面白い。夜中の汽笛のも良い。「君のことは夜中の汽笛くらい好きだ。真夜中に独りぼっちで目が覚めた時、遠くで聞こえる汽笛のように」
読了日:4月21日 著者:村上春樹
ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 1 (サンデーGXコミックス)ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 1 (サンデーGXコミックス)感想
百合と鉄道。鉄道部の女の子4人が、様々なとこへ旅をする。列車、食べ物、聖地の3つが主。「学校に鉄道部として申請したから、旅費は部費で賄える」っての羨ましすぎる。帰宅途中にいきなり北斗星に拉致され、部費稼ぎにバイトさせられるはつねが可哀想だけど可愛いです。鉄道の話とはつね達の友情がうまくミックスされていてほっこりする。鉄道が人と共に歩んできたからこそ、百合との相性が良いのですね。はつねは通学の乗り換えで苦労してたけど、今は上野東京ラインが開通して楽になってよかったです。
読了日:4月20日 著者:松山せいじ

読書メーター