読書メーターまとめ(2015/3)

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1607ページ
ナイス数:39ナイス

ニート―フリーターでもなく失業者でもなく (幻冬舎文庫)ニート―フリーターでもなく失業者でもなく (幻冬舎文庫)感想
ニートは、子供のときに人間関係でつまづいてしまい、他人と深い関係になれない。それが、深く追求したいものを見つけられないことに繋がっている。打開策として、『トライやるウィーク』がある。1週間、中学生に職場体験させて「自分が社会に受け入れられる存在である」「やりたくない仕事でもなんとかなる」という自信をつけてもらう。たとえ失敗しても、大人は「トライやるだから」と許してくれる。自分はニート後に専門学校へ行ったが、技術や資格より「失敗してもなんとかなる」ことを学んだように思う。「だれでも参加できる社会」が大事だ。
読了日:3月22日 著者:玄田有史,曲沼美恵
デキる人は「喋り」が凄い―勝つ言葉、負ける言葉 (角川oneテーマ21)デキる人は「喋り」が凄い―勝つ言葉、負ける言葉 (角川oneテーマ21)感想
正しい言葉遣いを覚えるための本。「食指は伸びずに動く」「三寸は舌先」「ぞっとしない=さほど面白く無い」「寸暇は惜しむ」「一存は謙譲語」「あわや=自分が望んでいないことがおこりそうになったが、かろうじて回避した」「波紋を投げるは、一石を投じると波紋を広げるの混同」「来る(きたる)ものは拒まず」「口うるさい→一言居士」などなど、間違えて使っていた言葉が少しあった。『他言は無用』を『多言』と間違えて、数人に言いふらしたのと、『お口汚しにどうぞ』を『おくちきたなしにどうぞ』と言ってしまったのが面白かった。
読了日:3月21日 著者:日本語力向上会議
フロイトで自己管理 (角川oneテーマ21)フロイトで自己管理 (角川oneテーマ21)感想
「快楽原則から現実原則へ」。社会を生きるには、気持ちが良くない状況にも耐えなくてはならない。そのためには、自分の苦手なことをしっかり見つめることが大事である。例えば、コンプレックスのマイナス点を書き出し、攻めに転じる。背が低いとスポーツで不利だし、異性から恋愛対象として見られない。しかし、低い方が有利なこともあるし、背が高いからといってモテるわけではない。なので、堂々と「腰が低い」と言ってしまおう。また、好きなことを客観視する。好きなことをエネルギー源として戦略的に摂取し、現実に立ち向かっていく。
読了日:3月20日 著者:齋藤孝
海辺のカフカ (上) (新潮文庫)海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
読了日:3月18日 著者:村上春樹
「齋藤孝の相手を伸ばす!教え力」「齋藤孝の相手を伸ばす!教え力」
読了日:3月14日 著者:斎藤孝
三色ボールペン情報活用術 (角川oneテーマ21 (B-43))三色ボールペン情報活用術 (角川oneテーマ21 (B-43))感想
「2は動きが生まれにくいが、3には動きがある」二大政党は批判し合うだけ。メモをするときは、相手の言ったことではなく、自分が思いついたものをメモする。理解力のレベルを知るのに一番いいのは、同じ事柄を、異なる制限時間で説明できるかを試す。自分の緑色がどういうものかわかっていると、作品化できる。「カラオケボックス」をヒントにアイディアを出す場合、カラオケに注目すると、「プロがやっていることを気軽にできる」となり「手打ちそば体験」などのアイディアが生まれる。異業種の成功例を当てはめるとアイディアが生まれやすい。
読了日:3月1日 著者:斎藤孝

読書メーター
スポンサーサイト

真夜中の紳士

真夜中の紳士

思いつきで「ケータイ小説×百合」なんてやるんじゃなかった。
それに、「思うままに書く」って宣言してたじゃん。
なんで方程式に当てはめようとしたん?

ケータイ小説の方程式(筆者作)は

[1]  主人公が金、恋愛などでひどい目に会う
[2]  同じ立場の人間が現れて仲良くなる
[3]  主人公のかわりにひどい目に会う
[4]  主人公が助ける。または立ち向かう、見つめる、逃避するなど


……1までしか書けてないよね?

今後の予定としては

  高橋先生が大崎さんを襲って、中学の出来事がフラッシュバックするけどなんとか振りきって助ける。
  大崎さんが「親切心のおかげで主人公に助けてもらえた」とか言って、傷が回復する。

こんな感じかな?
百合は、正反対のキャラと徐々にくっつけるだけだから簡単(石を投げないで)



「お題:気持ちいい紳士 必須要素:丑三つ時」
これを見て「丑三つ時に本性を表す紳士」は、まずまず。
丑三つ時の使い方が被るのを、想定してないこと以外は。

草木も眠る丑三つ時を変えて
「うさぎも眠る宇治金時」というのは却下ですねわかります。

家に帰って服を脱いだ時に、肌が得体の知れないものに締め付けられる感覚はあったけど、
それ以外はごくごく普通だと思う。


ここらへんが村上春樹的な文体。
なんかうまい小説書いてる気分になれる(気のせいだけど)
全部オリジナルだとしんどいから、適度に入れてくのは大事だと思う。

ラーメン3つ

ラーメン3つ

1年ぶりの反省。そして1年前と同じ反省。
う~ん、なかなか進歩しない。
そして3000字超えはいつの日に。

最近の即興は、うまくまとめようとしすぎてるね。
速くかけてた頃は、大塚英志さんのキャラクターメーカーを参考に書いてた。
次回はそうしてみるか。

さて、書いた当時を回想。



お題「許されざる解散」と「ラーメン」を見て五分ほど考える。

ここで衆院解散とか、安部総理が3500円のラーメン食べるとかはベタだよなぁと思いやめる。
他の挑戦者とお題の使い方が被るのは良くない。
「どうせ同じ話だろ」と思われ、読まれない可能性が高い。

結果、「許されざる」の内容を隠し、徐々に明らかにしていく方針を取る。

今思うと……
ラーメンの好きなところをあげ、最後に『好きは嫌いを含んでいる』で締める。
「誰が政治をダメにしたのか」をミステリ風(土屋賢二味)に解き明かす。
などもあったかな。




では、文章の添削。まずは良かったとこ。
今作は、「ノルウェイの森」に似てる気がするね。
文体もそんな感じするし、オネットの描写が直子っぽい。


「H2O」「オネット」「サンジェルマン」は、PC周りにあった物を適当にw
即興小説トレーニングで最も苦労するのは名前。
でも、身近なものから作れば苦労は半減(多分)。

 彼女は言葉に詰まった。
 その言葉の続きは、まるで宙に浮かんだみたいに消えてしまった。
 彼女はかまぼこ柄の髪留めをいじりながら、言葉の浮かんでいる空間をぼんやりと見つめていた。
 僕とサンジェルマンは待ち続けた。
 ラーメンもスープもチャーシューも、何もかもがぐっすり眠り込んでしまったみたいに静かになった。


この辺が村上春樹っぽい。
自分の文体に組み込めた感じがする。


初めてあったときは、彼女はれんげの上に麺を載せ、そこから箸を使って食べていた。
僕はその仕草を見るのが好きだった。
僕達の食べるラーメンが、より美味しそうに見えた。
けど、サンジェルマンに指摘されてからは、すっかりやめてしまったのだ。
もう戻らないのだ。


消失を描けばオチになる法則を利用。
わけわかんない消失でも、読者は勝手にいろいろ想像してくれる。
2回消失を書くと、さらに効果的。


きっとあの時間は戻らない。
スープは飲み干された。替え玉はできない。


うまいこと言えばオチになる法則を利用。
「ああ、これが言いたかったのね」感が出るのが要因?



悪いとこ。
とりあえず、ストーリーに詰まったら場面展開したらいいと思う(森博嗣が言ってた)。
今回なら「彼女を追っかける」とか。

場所に関する描写が一切ない。
せめて3人がどこに座ってるのかは書いたほうが良い。

タイトルは「ラーメン3つ」と注文する機会がなくなることを意味している。
だったら作中でも出したほうが良い。
最後は、全員がバラバラに店の外に出て、ラーメンの容器3つが店内に残されてるとこで締める。