読書メーターまとめ(2014/6)

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:384ページ
ナイス数:24ナイス

 今月は就活の月だった。しかし、進展は0だった。
 ちょうど、月が一周りして同じ場所に戻ったように。

 「人を見抜く技術」は、齋藤孝先生の「就職力」で紹介されていた。
 「良い時も悪い時もある」と考えていれば、心理的に追い詰められても癖が出にくい。


人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社プラスアルファ新書)人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社プラスアルファ新書)感想
「性格は直さずに緩める」正反対の環境に入ると、心のガードが緩んでくる。「趣味というのはある種の逃げ場」何もないところから楽しみを生み出すのが大事。趣味というのは、周りがやってるからやるという面がある。「夢や希望は、妄想や幻想を誤魔化すためにある」その時々の特権を活かし、今しかできないこと、やらなきゃいけないことをやるべき。「愚痴を言うのは愚図」愚痴は、言っているうちに愚痴に囚われてしまう。言うときはジョークにすると良い。確かに、他人に話したことは自分の中に残りやすい。もし残すのならば、良い物を残したい。
読了日:6月20日 著者:桜井章一
負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社プラスアルファ新書)負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社プラスアルファ新書)感想
今まで思ってたことと正反対のことばかりで、刺激になった。「牌を捨てる瞬間は、人の醜い面が現れる。だから、美しく牌を切る練習をする」形から入るのは効果的だ。「周りを観察したり、心のなかで歌を歌いながら牌を打っている。目の前のことに囚われないことが本当の集中だ」集中しようとすると、過去の経験から知見を出そうとしてしまう。「ミスをした時に『二度としない』と思ってはいけない。ミスを犯しても、そのミスを面白がれるようになれば、ミスの数は必ず少なくなっていく」こう考えると、主体性が生まれ、能力が発揮しやすくなる。
読了日:6月7日 著者:桜井章一

読書メーター
スポンサーサイト