スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書メーターまとめ(2013/8)

2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1916ページ
ナイス数:50ナイス

NHKにようこそ! (角川文庫)NHKにようこそ! (角川文庫)
ひきこもり小説。みんなネガティブなんだけど、時々ハイになってアホなことをしまくるのが面白い。登場人物達は「自分はダメ人間である」というところから考える。自分の外に仮想敵を作り、そいつを倒せば問題が解決すると考える。主人公にとってはNHKだ。倒すには、命をかけての特攻しかない。なぜなら、敵の正体は、自分の世界そのものだからだ。自分が消えれば敵も消える。しかし、最終的には岬ちゃんと日本人質協会(NHK)に入り、相互という形で問題を解消する。ギャグとシリアスどっちつかずで、ちょっと自分には合わないと感じた。
読了日:8月27日 著者:滝本竜彦
僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)感想
最初のエア友達(エアギターの友達版)を見て「これは面白そう」と思った。エアなのに「友達はいいものだ」と言ったり、「さっきは○○○という設定で盛り上がってた」と言って空想であることを漏らしたりしてて笑えます。特に好きなのは、ギャルゲエで、話しかけてきた女の子に対して「……馴れ馴れしい女だな。消えろ」を選ぶとこ。選んだ理由が「入学初日に知らない男に声をかける女はビッチだ」。「説明書に『優しくて親切と書かれてる』」に対して「そんな上っ面だけのプロフィールが信じられるわけないじゃない」と返したのは凄い。
読了日:8月23日 著者:平坂読
"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)
ガンガンオンラインで連載してた作品。事故死したヒカルの幽霊に頼まれ、女の子達の元へ生前の約束を果たしに行く。源氏物語がベース。主人公が男×男のラノベは初めて読んだが、ヤンキーの是光&女タラシのヒカルは面白い。是光は生徒に怯えて逃げられ、ヒカルは女の子や花の可愛らしさをマイペースに語る。僕のお気に入りは式部さん。恋愛の達人と呼ばれているのに、一度も恋愛したことないツンデレ少女。作戦がどんどん空振りしていくとこや、秘密を握られてあたふたするところが可愛いです。
読了日:8月23日 著者:野村美月
下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)感想
「学びからの逃走」「労働からの逃走」について書かれた本。現代の若者は、学びを「苦役と知識の等価交換」と見なし、知識に価値がない場合は苦役を払わない。しかし、この理屈は「自分が知識に行う価値判断は正しい」と決めつけているので、自分が必要だと思う知識しか学べない。私も現代の若者だが、逃走を読書によって回避してきたと思う。わからなければわかるまで読んでいくからだ。その際「あの人が面白いと言うのだから、面白いに違いない」という考えが原動力になる。そして、読み終わった後、自分の思っていたものと違うものが得られる
読了日:8月23日 著者:内田樹
疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)感想
「成功や個性を求めるのはどうなんだろ?」という本。p188あたりが好き。「父親がどういう人間か知りたいときは、父親の知り合いに聞く。自分探しは、自分を知っている人がいない場所へ行く」「自分がどんな人間かは、『本当の自分』がどういう人間だと『聞き手に思って欲しいか』によって決まる」「環境が変わるたびにキャラを変えるのは、自分を守るために有効。失敗しても、演じているキャラが傷を背負ってくれる。他の自分には関係してこない」。性格を変えられないことに悩んでいたが、自分の性格を一つだと思わなければいいのかな。
読了日:8月23日 著者:内田樹
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
エッセイなのだが、驚かされることがあまり書かれていない。思考の飛躍がイマイチだ。ハウツー本した方が、さくっと読めて良いのでは?
読了日:8月17日 著者:外山滋比古
妻と罰 (文春文庫)妻と罰 (文春文庫)感想
「有無を言わせず自分の主張を通す方法」が面白かった。妻に主張するために、妻と同じ論法を使う方法が紹介されている。妻の論法「あなたが買うなら私も買う」(夫婦平等原則)「あなたが買わないなら、私が買う」(支出総額不変原則)を採用し、ツチヤ先生は「お前が買うならおれは買わない」(支出総額不変原則)、「お前が買わないなら、おれも買わない」(夫婦平等原則)と主張。妻が何も言い返せない、完璧な方法だ。また、「よろず悩み相談室」の「(事実を)受け入れる入れないって、君は郵便局か」というボケは素晴らしいと思う。
読了日:8月17日 著者:土屋賢二

読書メーター
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

即興小説バトル

 『即興小説トレーニング』というサイトがある。
 お題に適した小説を、制限時間以内に書くというものだ。
 
 このサイトで、3ヶ月ほど前から『即興小説バトル』が始まった。
 参加者全員が同じお題で執筆し、作品の優劣を競うというものである。
 これにより、上手く書けないことをお題のせいにしにくくなった。
 即興小説の唯一のメリットが消えた。

 また、バトルに参加した作品は読まれやすくなる。
 これにより『面白くない小説を書いたかもしれないが、読んだ人はいなかったはずだ』という言い訳も使えなくなった。
 残された言い訳はあと7万5千くらいしか残っておらず、老後までもつか心配である。

 さらに不快なことに、上手くない作品を書いてしまっても、『もしかしたら評価されるかも』という期待を抱いてしまう。
 カープファンが毎年「今年はCSに行ける」と思うのに似ている。
 私は巨人ファンで良かった。

「上手くなくても誰かが認めてくれる」という浅はかな欲望は、誰もが持っている。
 仕事を思うように評価してくれる上司や、成績を思うように評価してくれる先生などは、ぜひ欲しいところだ。
 しかし現実には、正確に評価してくれる人しかいない。
 正確に評価されたら困る人がいるということを、評価する側は理解していないのだろう。

 しかし、いくら言い訳をしても優勝できない。原因を探して潰していこう。
 今回の作品はこれだ。

抜けるところてん

 お題:ひねくれた雑踏 必須要素:ところてん

「ついに完成したぞ。素晴らしい食べ物が出来た」
「これですか、博士? 普通のところてんのようですが……」
「こいつはな、『どんな人混みでもツルっと抜ける身体』になる食べ物、『所転(ところてん)』だ。
 人混みに入ると、進みたい方向にも進めなくなるだろう?
 でも、この『所転』があれば、どんなトコへでも、転がるようにスイスイ進めるんだ」
「素晴らしいですね!!
 どんな風になるのか、早速見せてもらえませんか?」
「え、今すぐか? それはちょっと無理だな」
「? どうしてですが?」
「近頃便秘気味でな。食欲が……」


 私は、笑える小説を書いたつもりだった。
 しかし、評価してくれた人は0人だ。
 これにより、気品漂う作家が気品のある文章を書いてもギャップは生まれないことが判明した。

 評価されない主な原因は「ところてんが便秘に効く」という伏線を書かなかったことだろう。
 そもそも、「便秘に効く」というところから「人混みを抜ける」ことを思い付いたのに、なぜ書き忘れたのだろうか。
 確かに、最初の目的を忘れることは良くある。
 例えば、就職するために専門学校に行ったのに、就職するのを忘れる場合だ。
 (忘れただけで、出来なかったわけではない)

 また、短く書いても読者数は増えないことが判明した。
(実験しただけで、長い文章が書けなかったわけではない)
 私の場合、長い小説は苦手なので読まない。
 しかし、そういった人は少数なのだろう。

 このように検討していけば、優勝する日も近いかもしれない。
 できるなら、カープが優勝する前にしたいものである。

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

授業の前置き

 教師の中には、授業の前に雑談をする者がいる。
 内容は、最近のニュース、珍しい体験、愚痴、説教など、教師によって様々である。
 しかし、生徒の反応は一様に白けている。
 
 生徒にウケない理由は「ニュースの話題から説教につなげている」「声のトーンに抑揚がない」「リアクションを強要される」「授業より面白くない」「鼻毛が出ている」「教師が教室にいる」「教師が口を動かしている」など、様々な理由が考えられる。
 面白い雑談も時々あるが、その場合は「友達とLINEをしていた」「マンガを読んでいた」の2通りに絞られるのだ。
 なぜこんなことになってしまったのか。
 ここで、ある日の教師の雑談を吟味してみようと思う。


 その日は、開口一番「夏休み明けだからか知りませんが、みなさん弛んでます」だった。
『先生のお腹は弛んでます』の聞き間違いだったかもしれないが、いずれにせよ最悪の滑り出しだ。
 いきなり相手を貶すのはルール違反である。
 まずは「私は人間のクズです」から始め、「家に帰ると妻が『炊事したフリ』をします」と言い、千度土下座した上で「みなさん弛んでます」と言うべきだろう。

 次には「『では、一体何時間勉強したらいいんですか』と思ってる人もいるでしょう」と言った。
 勝手にこちらの意見を決めつけるのは良くない。
 「生徒の側も『教師は僕達を苦しめようと思っている』と決めつけている」と思われるかもしれないが、『我思う故に我あり』で有名なデカルトが言うように「思っているという事実は疑えない」のだ。
 故に、このような発言は撤回すべきである。
 特に、ブログのネタにならない発言は撤回して欲しい。

 最後に言ったのは「みなさん、授業の予習復習を習慣化して下さい」という、習慣化の強要だった。
(こう言う教師も、家では妻に『ゴミ捨てを忘れるな』と言われている)
 しかし、「勉強しろ」と言われて勉強できる生徒はいないだろう。
(教師ですら、『分かりやすい授業をしろ』と言われてもできないのだ)
 よって、次のように言い換えるべきである。
 
「勉強を習慣化し、無意識の内に勉強できるようにして下さい。
 そうすれば、勉強している状態としてない状態の区別も出来なくなります。
 マンガを読んでいるときにも『勉強している』と思い込めればしめたものです」


 このように、教師の話は無駄に満ちている。
 しかし、話に無駄が多いのは、政治家に共通する特徴だ。
『今、教壇で話しているのは政治家だ』と思い込めれば、きちんと聞く態度をとり、チャンネルを変えるかもしれない。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。