スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【課題】読んだ本について3分で話す


神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
(2002/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る

-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

読み上手・書き上手の課題です。
本を読んで「面白かったところ」「著者がいいたいこと」「学んだこと」を3分(1200字)で話します

 ◆◇◆◇

村上春樹短編集「神の子どもたちはみな踊る」の中から、『蜂蜜パイ』について話します。

この本は、主人公の淳平が、小夜子の子供の沙羅に「熊のまさきち」の話をするところから始まります。
「まさきちはたくさんの蜂蜜をとったので、ある日、街へ蜂蜜を売りに行く」という話です。

次に、地震男の話が出てきます。
神戸の地震のあった日から、沙羅は夢を見るようになります。
それは、地震男がとても小さな箱の中に、沙羅を無理やり入れる夢です。

この2つの寓話が、淳平のストーリーと共に変化していきます。

淳平は、大学時代に高槻と小夜子と知り合います。
淳平は小夜子を好きでしたが、小夜子は高槻と付き合います。
そして、結婚し、沙羅を産みます。
しかし、二人は離婚してしまいます。

ここで熊のまさきちの話が出てきます。
「とんきちは鮭を捕るのが上手くて、まさきちの蜂蜜と交換します。
 二人は仲良くなりますが、ある日、川から鮭が消えてしまいます。
 まさきちは、とんきちのために蜂蜜を分けてあげるのですが、とんきちは『どちらかだけが与えるのは、本当の友達のあり方ではない』と言って、山を降り、罠にかかって動物園に入れられてしまいます」

これは、高槻が淳平に「小夜子と結婚してくれ」と頼んだのに、淳平が「何か取り引きにみたいにやりとりしていいのか」と言って、結婚を拒むシーンに重なります。


著者が言いたいことは「決断すること」だったと思います。
作中には、淳平が決断をせず、周りに流されるような描写があります。

・小夜子とキスをし、小夜子と再び友達としてやっていこうとする時
「決断は既になされたのだ。たとえその決断をしたのが彼以外の人間であったにせよ」

・小夜子が出産
「人生の歯車がかちりという乾いた音を立ててひとつ前に進み、もう元には戻らないことが確認されたのだ」

・小夜子と高槻が離婚
「でも、それは起こったんだ。今じゃなくても、いつか同じことがどこかで起こっただろう」

僕はこの描写がとても好きです。
胸を揺さぶるというか、運命に抗えないことへの切なさが詰まっていると思います。


しかし、淳平は最後に、小夜子と抱き合い、「今までの時間を無駄な消耗だったと思いたくない」と考え、
「もう迷いはない。小夜子に結婚を申し込もう」
と、決断します。
それまで周りに流されていた淳平が、家族を守るために決断するのです。

この決断のポイントになったのは「礼儀正しさ」だと思います。
小夜子が高槻のもとへ行ってしまって落ち込んでも、小夜子の「私たちはこれからも友達として付き合って行きたい」という申し出を受け入れ、沙羅が産まれてからも交流を続けたことで、責任が芽生えて、決心できたのだと思います。

そして、熊のまさきちの話を作り直します。
「とんきちは、まさきちの蜂蜜を使って、蜂蜜パイを作ることを思いつきます。」
地震男に対しても
「わけの分からない箱に入れさせはしない」
と宣言します。

この本から学んだことは「礼儀正しさが決断につながる」ということです。
決断しなければならない状態を自分で作る、それによってもたらされる決断もあるということです。
これからは、礼儀正しさを大切にしていきたいです

(1295字)

============================================================

うーん、どうも「著者の言いたいこと」「学んだこと」が上手くかけない。
分かりにくい点があれば、どんどんコメントして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ&自己啓発 - ジャンル : 学校・教育

「読む力」・「書く力」が人生を左右する


読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)
(2008/02)
齋藤 孝

商品詳細を見る

-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡-----☆彡-----★彡----

「読み上手・書き上手(課題)」のカテゴリでは、上記の本の課題をこなしていきます。

(以下、本文から抜粋)

われわれの能力は、書く力によってシビアに評価されます。
たとえば、就活のエントリーシート、小論文などです。

いいものを書くためには、ふだんから「読んでいる」という足腰作り、鍛錬が必要です。
その膨大な蓄積の上に、書くことがあります。
さらに、書くという作業の際にも、読み手を意識した書き方が必要です。
このように、「読み」と「書き」は連動しているわけです。

この本では、その両方をいっぺんに上達させるための授業をしているのだと思って読んで下さい。
「読み上手・書き上手」になる方法を身につけて、自己アピールのうまい人になって、競争の厳しい社会で生き残っていきましょう。

テーマ : スキルアップ&自己啓発 - ジャンル : 学校・教育

高校野球におけるフェアプレーについて

 今年の高校野球では、花巻東が「サイン盗み」疑惑をかけられ、ネット上で議論になった。
 サドルや心を盗むことより扱いが難しく、議論は平行線だ。

 多く散見されたのは、「ルール(ランナーはサインを出してはいけない)だから守るべき」「俺の頃はサイン盗みOKだったぞ」「こういったルールが高校野球をつまらなくしている」という意見だ。
 その中でも一際目を引いたのは「サイン盗みを行う機会は平等にあるのだからフェアだ」という意見である(私の意見だ)。

 しかし、「フェア」というのは難しい。
 感覚的にはわかるが、「フェアとは何か」と聞かれると詰まってしまう。
 そういう点では「生きる意味とは何か」「なんのために仕事をしているのか」という問いに通じるものがある。
 哲学的な問いだ。

 ここでは、フェアプレーについて、私の倫理観を元に考えてみよう。
 もっと立派な人の倫理観に基づいてれば良かった。


 問題になるのは、何が「フェア」かだ。
 たとえば、テストにおいて、事前に問題を知っていた場合はフェアでない。
 これは、テストの目的である「学力を計る」ことを妨害する。

 サイン盗みに当てはめると、高校野球の目的を妨害するかどうかが争点になる。
 しかし、高校野球憲章には「フェアプレー精神の育成」と書かれているが、具体的には書かれていない。
 本屋ですら「万引きは犯罪です」と書いているのだから、野球憲章にも書いてほしいものだ。

 また、「盗む」という言葉が悪いとも考えられる。
 盗作や不正ダウンロードが社会問題化する中、「盗む」という言葉のイメージは悪くなる一方だ。
「サイン寄付」といえば多少イメージアップになるだろう。
 だが、度を越して「サインは地球を救う」とすると一気に悪化する。

 いずれにせよ解決には程遠い。
 いっその事、高校野球で行われるプレーを「フェアプレー」だと定義すれば、全ての問題は解決するだろう。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

夏休みの課題

 ペナントレース終盤になると追われないチームが存在する一方、
 夏休み終盤になると学生は夏休みの宿題に追われる。

 学生の頃を思い出すと、夏休みの宿題で一番嫌だったのは『日記』だった。
 特に書くことがないのである。
(一番好きな宿題は読書感想文で、特に親に書いてもらうのが好きだった)
「日記は一番ラクでしょ」という人もいるが、そういう人はブログ依存症にかかっている。
 
 そもそも、日記をつけることが役立つとは思えない。
 日記といえば「海に行った」「映画を見た」程度だ。
 また、起床就寝時間・天気の欄にちなんで
 「夜の9時かなもう 20時間寝てた」
 「そちらは今も雨が降っていますか?」
 と書くぐらいだろう。
 そんなことを書いて、どのような力をつけようと言うのだろう。
 
 「今日は妹に『お兄様。お茶が入りました。どうぞ』と言わせた」
 「今日は妹に『ぞうさん』を歌わせた」
 という風にイベントがあれば好感度は上がるが、現実はそうもいかない。
 
 教員側としては「日記をつければ、日々の行動を反省できる人間になる」と考えているのだろう。
 確かに私は、日記をつけることによって「日記はつけない方が良かった」と反省した。
 また「日記のネタになるようなことをすべきだった」と反省した。
 言い換えると「外出しなければ日記が書けない」ということだ。
 (さらに言い換えると「中出しすれば日記が書ける」)

 つまり、日記を宿題にすると「日記を書くために夏休みを過ごす学生」を作り出すことになる。
 なんと回りくどいことか。
 それなら、遊ぶことを宿題にして「遊ぶために夏休みを過ごす」したほうがスッキリして良いと思う。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

読書メーターまとめ(2013/7)

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1864ページ
ナイス数:14ナイス

Java言語プログラミングレッスン 第3版(下)Java言語プログラミングレッスン 第3版(下)感想
ひとつひとつ丁寧に、わかりやすく進んでいく。「なぜこうなのか?」を、詳しく解説してくれている。数学ガールのわかりやすさはこちらにも健在。特にすごいのが、章末問題。実践的だし、勘違いしやすい部分をしっかりきいてくる。プログラミングの例をダウンロードできるのもおいしい。
読了日:7月30日 著者:結城 浩
迷い猫オーバーラン! 拾ってなんていってないんだからね!! (迷い猫オーバーラン! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)迷い猫オーバーラン! 拾ってなんていってないんだからね!! (迷い猫オーバーラン! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)感想
一文が短すぎて読みづらいけど、結構面白かった。ツンデレ、世話好き、無口、女王様の要素を超極端にしたキャラが登場する。文乃は常時暴力的。乙女姉さんは、洋菓子店をほったらかしてまで、困ってる人のために海外まで行ってしまう。希は平気で裸になるし、要求されれば「にゃあ」と鳴いてくれる。千世はちょっと空回りだったかな……2巻に期待。惜しいのは、人物描写が少ないせいで、感情移入しづらい点。後半の雨の描写は良かったので、人物もあれくらい描写して欲しい。――それにしても、「二回死ね」を教えたのが主人公だったとは。
読了日:7月30日 著者:松 智洋
ショートショートの広場(7) (講談社文庫)ショートショートの広場(7) (講談社文庫)感想
「隠し味」――ラーメン屋に来たクレーマーへの、驚きの対応。「終末と発端」――悩み相談に乗ったところから、思わぬ方向へ話が進む。「大人免許」――未熟な大人を減らすために、大人免許が導入されている。最後の一文がとても良い。「ほぼ完璧な答案」――今までの記憶と、試験勉強の知識を交換する話。これも最後の文がきまっている。「ソレハ嘘デス」――警察の取調べに、嘘発見器が導入される話。これは面白い上、リアリティがあって素晴らしい。実際に嘘発見器が導入されたら、こうなるだろうなぁ。
読了日:7月28日 著者:
ショートショートの広場(8) (講談社文庫)ショートショートの広場(8) (講談社文庫)感想
「ウワサの岡本よう子」が面白かった。同窓会での噂話にウンザリした主人公が「岡本よう子」という同級生をでっち上げる。相手が「えっ! あの岡本よう子が?!」と言った後の展開は、笑いが止まらなかった。「命が5つ」は面白い上、意味深なのが良い。単なる笑い話ではなく、教訓めいたものがある。
読了日:7月28日 著者:
ショートショートの広場(2) (講談社文庫)ショートショートの広場(2) (講談社文庫)感想
読メで人気(?)の「吸血鬼志願」を読んだ。意外なオチがついていて面白かった。まさかそうくるとは。私のお気に入りは「宇宙ぐうたら大賞」。面白くも突飛でもないのだが、読後感が良い。ホラーやBADENDばかりの作品の中では、異彩を放っている。星さんは「命の電話」「命の洗濯」に高得点をつけていたが、そんなに面白くない気が……。
読了日:7月28日 著者:
オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE 7オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE 7感想
「こんなに複雑にプログラミングしてもエラーじゃないよ。でも、読みにくいから良い子は真似しちゃだめだヨ」みたいな本。さぁてこの資格、1万5千円出してとる価値はあるのか?! (追記)最近は、参考書以外の本を読まなくなってしまった。来月からは、読書メーターにいっぱい登録できるようにがんばろう。
読了日:7月28日 著者:有限会社ナレッジデザイン 山本 道子

読書メーター

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。