スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自習は必要なのか

 塾や予備校の宣伝を見ると「抜群のサポート体制」「東大合格率○○%」「1対1の個別指導」と謳っている。
 だが、実際は生徒の自習量まかせのところがほとんどである。
 事実、ほとんどの所が「授業の2倍の自習時間」を推奨している。
 職場で言うと「通常業務の2倍の残業」を推奨しているような感じだ。
 
 しかし、多くの自習時間を確保するのは難しい。
 1日は24時間しかないのだ。
 カップ麺を480個作っただけで終わってしまう
 (カップ麺は一つずつ作るものとする。2つ同時に作ると、ポットが「シュゴゴゴゴー」と腹を立ててしまうのだ)。
 さらに、カップ麺を食べさせる時間も入れると、とても24時間では足りないだろう。
 
 また、自習というのは主に「時間を浪費するため」に行われる。
 「3時間勉強する」などと予定を立て、3時間机に向かうだけになることが多いからだ。
 これは「平均台から落ちたら5秒ペナルティ」になるのに似ている。
 おそらく、自習をしようとした愚かな人間への罰なのだろう。
 予定を「参考書を40ページやる」にしても、結局はページ数を浪費しており、環境に良くない。

 つまり、「自習が大切だ」という前提が間違っているのだ。
 自習より授業が大切だ。
 なぜなら、もし授業が効率よく行われれば、授業の時間が減り、自習の時間も減るからだ。
 昔の人は「すべての勉強は授業から始まる」と言った(若い頃の私だ)。
 「始めが肝心」と合わせると、「授業が大事だ」という結論が容易に導かれる。
 (「終わりよければすべてよし」と合わせると、授業中寝ていても、最後の挨拶をきちんとしていれば問題ないことになる)

 「自習は大切ではない」という結論に安心した私は、さっそく参考書を本棚にしまい、文庫本を手にする。
 本を読むのが大好きなのだ。
 塾には「授業の2倍の読書時間」を推奨してもらいたい。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

読書メーターまとめ(2013/6)

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:318ページ
ナイス数:23ナイス

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)感想
最初に読んだのは三年前かぁ……。あの時感想書いてれば、今と比べられて面白かったのに……
読了日:6月3日 著者:野村 美月

読書メーター

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。