スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書メーターまとめ(2012/11)

2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1729ページ
ナイス数:11ナイス

14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)
読了日:11月25日 著者:内田 樹,名越 康文
陽だまりの彼女 (新潮文庫)陽だまりの彼女 (新潮文庫)
読了日:11月25日 著者:越谷 オサム
OUT 下 (講談社文庫 き 32-4)OUT 下 (講談社文庫 き 32-4)感想
登場人物の行動は異常だが、どこか共感する部分がある。殺人という一線を越えている点が違うだけで、日常の閉塞感はわかる。殺人によって金を得ることで救われそうだったのに、結局自分が播いた他の種によって報いを受けてしまうのが悲しい。自分自身からはOUTできないのだろうか。あと、彼女たちの息苦しさが、情景描写の生々しさで一層湧き立つのがすごい。
読了日:11月25日 著者:桐野 夏生
OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)
読了日:11月25日 著者:桐野 夏生
十角館の殺人 (講談社文庫)十角館の殺人 (講談社文庫)感想
【ネタバレ有】森ミス工作室のおすすめ作品だったので読。見破ったと思ったんですが、最後にひっくり返されました。これは悔しい。見返してみると、トリックのキーワードにしっかり○印をつけてんですよ。なぜ気付かないのかと。それに以前読んだ「黒猫の三角」と若干似てるのに。あ、あとストーリーは好きです。特に犯人が捕まらないところが。捕まっちゃうと「殺人=悪」の図式ができちゃうので。
読了日:11月13日 著者:綾辻 行人

読書メーター
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。