情報は、報道の「報」の上に「情け」を乗せている

日本一心を揺るがす新聞の社説
水谷もりひと 著
ごま書房



★この本は「みやざき中央新聞」の社説を抜粋した本です。
 みやざき中央新聞は、宮崎の話題にとどまらず、各種の講演会を記事にしています。

 普通の新聞は、読み終わると「世の中は大変そうだな」と思いますが
 みやざき中央新聞は「よし! 今週もしっかり生きよう」と思えてきます。
 「心のビタミン」というキャッチコピーが、正にぴったりです。


★一番面白いと思った記事は(どれにしようか迷いました。どれも素晴らしいんです)
 p76の「背筋を伸ばそう! ビシッといこう!」です。

 これは「魔法の日めくりカレンダー」の話で、
 「小学生になるまでに身に付けるべき基本」が書かれています。

 「朝、歯を磨こう! 顔を洗おう!」
 「一緒にお部屋を片付けようね」
 「目を見てあいさつしてるかな?」
 「お話は最後まで聞きましょう」
 「靴をそろえようね」
 「落ちているゴミを拾いましょう」
 「旬のものを食べよう」
 「背筋を伸ばそう! ビシッといこう!」

 小学生向けなのですが、大人でもできてないことばかりです。
 私は歯を磨くことすら出来てません(え


★特に素晴らしいのが「なぜ大切か」
 易学の専門家の方が書いたそうですが、胸にジーンときます。

 靴を揃える:
  けじめをつけ、物事にはルールがあることを認識する動作です。
  靴を揃えることでけじめがつき、ルールを守ろうという意識が向けられます

 落ちているゴミを拾いましょう!:
  誰も見ていなくても、勇気をもって恥ずかしがらずに、自分の意志を貫いて行動に移す。
  これが習慣化されると、自尊心が芽生え、自分に自信が持て、何でもやってみようと挑戦できるようになります。


☆ 靴を揃える・部屋を片付けるのは時間がかかります。
  そんなことするなら遊びの時間を作りたい……
  でも、片付けをいい加減にしてると、他のこともいい加減になってしまいます。
  一つでも手を抜くと、次第に、無意識に手を抜くようになってしまうのです。

  ごみ拾いで自尊心が芽生える、というのは良くわかります。
  ごみ拾いは正しい行為だと思っていても「みんなが見てるから」やらない。
  すると、次第に「自分の考えは間違いなんじゃないか」と思い、自信が無くなる。
  でも、ごみを拾えば自分の考えが正しいことを実感できます。


日本一心を揺るがす新聞の社説―それは朝日でも毎日でも読売でもなかった日本一心を揺るがす新聞の社説―それは朝日でも毎日でも読売でもなかった
(2010/10/29)
水谷 もりひと

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

本を読むことは「視点移動」である

齋藤孝の速読術
齋藤孝 著
ちくま文庫


 本を速く読みたいと思ったので、読んでみました。
 速読術の本というと、目のトレーニングをイメージしますが、本書は違います。
 より具体的で、しかも今日から実行出来るテクニックが満載です。

 本書で言う速読とは
 「内容を素早く理解し、咀嚼して、オリジナルのアイディアを提案すること」
 例えば、
 「ゲーテの洞察を現代に生かせば、~~というコンセプトになる」

 重要なのは理解した後です。
 「本から得た情報をいかに使うか
 これが出来なければ読書の意味がありません。
 本の中身を全て読むより、一つでも応用することが大事です。

 例えば、本から得た概念を駆使して、身の回りの現象を説明する。
 山月記を読んだ後に
 「そんな風にしてると、山月記の虎みたいになっちゃうよ。尊大なる羞恥心だね」
 羅生門を読んだ後に
 「あれは羅生門の下人だね」
 本書で言うならば
 「あの人は、仕事全体の流れが掴めてないね。視点移動力が欠けてるね」
 といった具合でしょうか。


 速読するには、「逆算式読書法」が便利です。
 「どのように使うか」を意識すると、速く読めます。
 「○○○さんに教える文章を見つけよう」
 「読書ブログを書こう」
 といった目的があれば、読んでも何も残らないという状態を防げます。

 
 ここからは私の話ですが……
 読書ブログ用に読むときは、本の幹になる部分を1つと、面白いと思った部分数カ所を見つけるようにします。
 幹の部分は赤でマークしてページの右上を折ります。
 面白い部分は緑でマークして左下を折ります。
 こうすると、速く書けて便利です。


 まとめると、速読をするには「目的を決める」ことが重要なのです。
 目的さえ達成できれば、全体を読む必要はありません。


 
齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)
(2010/04/07)
齋藤 孝

商品詳細を見る